LOG IN

見られたい、見られたくない

by ケイスケ

ブログを続けていった先に、知らぬ間に「言いたいこと(書きたいこと)を気持よく言えなくなる」という現象って、何か症状の名前みたいなものはあるんですかね?

自分もそうですし、周りのブロガーにも、そういう症状に陥っているであろう人を見かけることがよくあります。

ブログというものが「つながる」「交流する」という機能を持っていることが一因であろうと考えています。

誰にも見られていなければ、好きなことを好きなように言えるし、書ける。

でも、ある程度の反応がもらえるようになってくると「どう見られているか」「どういう反応がくるか」を意識せざるを得ない。

そうこうしているうちに、ブログを書き始めた当初の「書きたい!」という思いが別の何かに押しつぶされて、「なんとなく書きたいことが書けない」となっている人ってけっこういるんじゃないかな。

g.o.a.tを書いていて思ったんですけど、これってフォローを表明する機能も無いですし、コメント欄も無いですよね。「つながる」「交流する」という機能がない。その結果として、「誰かに見られている」感が少ない。

この状態だと、「書く」ということに専念せざるをえないんだけど、ブログをやり続けた人にとってはそれが逆に新鮮な感覚なんでしょうね。

そもそも、書きたくてブログを始めた人ばかりなはずだからね。

「より多くの人に見てもらいたい」ということを再優先にしている人ばかりではないんですよね。

気持よく、静かに記事を書き続けていきたいという人もたくさんいるはず。

そういう人向けのサービスがあっても良いんじゃないかと思います。

まあ、誰にも見られないのもモチベーションが上がらないので、なんらかの手段はあってもいいんでしょうけど。Twitterもあるしね。サービス自体がWeb上に存在していれば、それだけで良いのかな、と。

「g.o.a.tの、この控えめな感じは意外と良いんじゃないか」と少し思い始めています。

言いたいことを、言いたいタイミングに吐き出せるのって気持ちが良いね。


ケイスケ
OTHER SNAPS