LOG IN

京の夏、一人旅 Chapter 2

by ケイスケ

”道がまっすぐ続くこと”に、こんなに感動できるなんて思わなかった。

前日の賑やかさが嘘のように、静まり返った花見小路だった。


ケイスケ
OTHER SNAPS